速読術を身につける

速読術の学習法は、宮口式記憶術という方法があります。宮口式記憶術とは、江戸時代から伝わる記憶術に、宮口公寿さんがアレンジを加えた「対難関試験用最速暗記術」のことです。


宮口式記憶術は例え天才と呼ばれる人でなくても、国家試験やレベルの高い大学受験に合格できるようにと開発された教材なのです。宮口式記憶術の口コミや評判では、わかりやすく丁寧で、シンプルに覚えられるという評価があるのです。


宮口式記憶術は、個人のセンスや才能に影響されず習得できる方法で、やり方は、故渡辺剛彰さんのワタナベ式記憶術に似ている部分もあるようです。しかし、宮口式記憶術のやり方が合わない人や、成果が出なくて諦めてしまう人も多数いるので、全体的に酷評が多く見られるようです。


他には、本はあくまでも紹介で、実際には教材を申込むとか、セミナーに参加しないと記憶術の習得が難しいと思うという口コミもあります。もちろん、宮口式記憶術を習得するためのサポートもあり、宮口式記憶術のおかげで、仕事を倍速でこなせるようになったとか、問題集を解くスピードがあがったという評価も多くあります。


書かれている内容は難しい言葉があるものの、かなり分かりやすく説明されており、即実践に移せます。

悪質サイト